魔法の国から学ぶ 魔法の国で学ぶ

行動指針を軸とした人事制度の定着

なぜだろう?月曜日なのに仕事に行くのが楽しみ!!

社員の一人ひとりが会社の軸からぶれずに働く「動機づけ要因」を高めます

なぜ、ディズニーキャストは一人ひとりが全員

ゲストにハピネスを届けようとがんばるのでしょうか?

​ ディズニーに入社すると、誰もがはじめにディズニーユニバーシティという導入研修を受けます。そこで教わる最も大切なことがのがディズニーの行動指針4つの鍵「SCSE」です。​

  1. Safety 安全

  2. Courtesy 礼儀正しさ

  3. Show ショー

  4. Efficiency 効率

 これらや重要な順にならんでいて、この「SCSE」を守ることで、ゲストにハピネスを創造し、より質の高いテーマショーを提供する事ができます。

 この導入研修では「SCSE」のそれぞれを数々の事例で紹介し、キャストは行動するための基本的考え方を理解します。

 この研修で「SCSE」は、すべてのディズニーキャストが何か行動するときの判断基準になります。この「SCSE」がすべて一定の水準に達している状態をディズニーでは「Good Show」と言います。反対にどれか1つでも水準に達していない状態を「Bad Show」と言います。ディズニーのリピート率97%の理由は、ディズニーのすべてのキャスト、全ての施設、その背景となるさまざまなストーリーが「Good Show」をめざしているからです。

ディズニーランドは永遠に完成しない。この世界に想像力が残っている限り、成長し続ける。Walt Disney

ブログ「魔法の国で見つけた働く意味と喜び」はこちら

あなたの会社の社員さんに、こんなお悩みはありませんか?

  1. 今の仕事が上手くいかない

  2. 会社の人間関係がいやだ

  3. 上司とうまくいかない

  4. やりたくない仕事の担当になった

  5. ​毎日の仕事に集中できない

経営者・人事担当者向け魔法の国から学ぶ

行動指針を軸とした人事制度の定着術セミナー

 「くすぶり社員」とは、入社当時は夢と希望に満ちて働く意欲も煌々と燃え上がっていた社員さんが3年ほどで、先輩になったけどまだ管理職でも上司でもない、大事に育てられる時期も卒業したけど自分で全てできるわけでもない…そんな現実に直面し、なんとなく同じ業務の繰り返しの毎日にやる気を奮い起こせない、でも決して燃え尽きたわけではなく、やる気が起きないわけでも、会社にぶら下がっていこうと思っているわけではない、チャンスがあればなんとかしたい、こう考える若手社員さんのことです。

 この「くすぶり社員」が変われば会社は大きく変われる。そう考えるようになったのは私が20年余のサラリーマン生活の後の51歳からディズニーで働いた経験でした。

 働き方改革と同時に企業の生産性を上げなければならない今、このセミナーでは「くすぶり社員」をいかにして火力を上げ、煌々と輝く社員に高めていくかを、4つのポイントでお伝えします。
 毎月1回、東京駅前のセミナールームで開催しています。

​なるほど、仕事とプライベートをこのように考えられたらある意味楽です。

​ でも、現実はなかなかそうもいきません。

 従業員さんは、そのライフステージごとそれぞれに悩みや解決しなければならない課題を抱えています。必要な収入も上がってきます。勤務年数が長くなればなるほど、権限が増え同時に責任が重くなります。仕事でもプライベートでも期待されるものが大きくなり、仕事とプライベートは切り離すことがどんどん難しくなってくるからです。

​ 私の勝手な考え方ですが、下記の図のような考え方を理想に考えています。

従業員さま向け魔法の国で見つける「働く意味と喜び」

テーマパーク視察付き体験型研修(3日間)

 全国で引っ張りだこの元ディズニーキャスト人気講師2名(男女)が自らの体験を踏まえて行います。
 会社の経営理念を見つめ直し、日常業務に落とし込むワークと、その中でどう働いていくかを、テーマパーク視察を中心に自ら発見していきます。
 先輩になったけどまだ管理職でも上司でもない、大事に育てられる時期も卒業したけど自分で全てできるわけでもない…そんな経験は誰にでもあります。なんとなく同じ業務の繰り返しの毎日に改めて、今しかない3年目を楽しみ、3年目の自分だからこそ「できる」に気づく研修です。

 先輩と後輩の板挟みからの脱却を目指すコミュニケーション力や表現力もお伝えします。

1日目 14〜17時 

魔法の国で見つけた「働く意味と喜び」

(講師:菅原)
2日目 9時〜(終了後自由解散)

テーマパークで見つける「体験ワーク」

(講師:菅原+川田)
3日目 9〜12時 

チームワークで作る「笑顔の職場」

(講師:菅原+川田)
会場は初日と3日目が東京駅前セミナールーム、2日目は舞浜のテーマパークです。

私の「社員教育と人材育成術」が新聞記事になりました。参考にご覧ください

新潟県村上市サンデーいわふね新聞記事3
新潟県村上市サンデーいわふね新聞記事2
新潟県村上市サンデーいわふね新聞記事1

ファシリテーター講師のプロフィール

​菅原 齋(カンバラ サイ)​元ディズニーキャスト

合同会社アウェイク事務所代表社員

元ディズニーキャストとして働いた異色の経営コンサルタント。

 1983年東洋大学卒。コピー機の飛び込み営業や音楽出版会社での企画編集営業を経て。長年の夢だったディズニーランドのキャストを経験。「生産性ノウハウ」に感動して働いていた中、20代の女性上司に「カンバラさん、次はゲスト(来園者)目線で考えてみてください」とにっこり言われ目が覚める。どうしてすべてのキャストに企業理念と行動指針が浸透し、行動に結びついているのか?ディズニーが35年間ナンバーワン、オンリーワンであり続けている理由がここにあると得心。ディズニーで体験した経験を基に社員育成メソッドを開発する。


 東京ディズニーランドでのキャスト体験を元に語るセミナー研修は、紋別から那覇まで全国の商工会議所や企業で「今日から使えるわかりやすさ」と年間100回におよぶ。数字や理屈が苦手な会社員や女性経営者からの評価が高く、「不器用社員の見方」とファン企業が多い。そのユニークさで東京新聞にも取り上げられたほか、リクルート社アントレや日経マネーでは1ページでフル掲載された。

講師のCSエピソード

「ぼく、エビフライカレーが食べたい。」

家族連れ出来た小学校の男の子、楽しみにしていた、エビフライカレー。

残念なことに25周年イベントを最後に終了したメニューでした。

以前来た時に食べた思い出か、古いガイドブックを見て楽しみにしていたのか。

同僚の60代の女性キャストが言います「かわいそうにすねちゃって、あの子だけ何も食べてないの」。

さあ、あなたならどうしますか?

キャストのミッションは「ゲストにハピネスを届ける」ことです。

私たち数人はバックに集まり頭をひねります。

誰かが言った「シェフミッキーのシールをあげよう!」。

ミッキーがシェフの格好した丸いシール、赤と青の2種類。

彼女は1枚を彼の胸に貼ってあげました。

ほかに2枚を差し出して「あとはおみやげね」。

その子に少し笑顔が戻りました。

そのとき奇跡がおきました、「私の半分食べる?」お母さんの言葉。

「うん」

クレームがCSに変わる瞬間です。

お母さん本当にありがとう。あなたのおかげです。

ディズニーにはミッションがお題目にならず、日々の仕事に結びつく「魔法の言葉」があるのです。

 講師のライフワークとも言える人材育成研修では、企業の一貫性からもたらされる「顧客満足リーダーシップ」が社員の「魔法の国で見つけた働く意味と喜び」に発展する、働く人が減少する今の時代に適した研修コンテンツとして多くの企業やマスコミから注目されている。

川田 直子(カワタ ナオコ) 

<略歴>
 1978年10月7日 富山県生まれ
 神田外語学院英語専攻科卒業
 
 株式会社オリエンタルランドにて、商品部マーチャンダイズキャストとして東京ディスニーランドの店舗運営、接客業務を担当。語学力を活かし、海外客の接客にも従事。
 人財育成会社に入社したことをきっかけに、心理学やコミュニケーションスキルを学び、『ディズニーに学ぶ』シリーズ研修で、多くの職業人の笑顔と幸せを創るプロフェッショナルとしてこれまで日本全国の企業で指導実績を持つ。
 
2013年 株式会社プラチナコンシェルジュ入社。

ディスニーで学んだ接客マインド、アナウンサー経験を活かし新入社員研修・接客マナー研修・ビジネスマナー・サービスマインド養成講座等を指導。
なかでもリーダー養成やモチベーション指導には定評があり、個人コーチングから集団研修まで幅広く受け持つ。

2014年 富山県 みんなが実践!おもてなし普及事業 講師
2015年 富山県中小企業合同支援事業 新入社員研修 講師
2015年 フリーランス講師として全国の企業で活動を始める。

 

あなたの働く価値観と人生を変えます!

<研修・講演実績> 敬称略

富山県立中央病院 富山県総合教育センター 富山県庁 黒部市 氷見市 札幌市 東京商工会議所 射水商工会議所 氷見商工会議所 滑川商工会議所 三陽商会(東京) ヘレウスエレクトロナイト(千葉) 日本海ガス株式会社(富山) 株式会社源(富山) 加賀屋(石川) 広小路コンタクト(愛知)手をつなぐ福祉会(東京) 富國物産(埼玉) 幸生会(宮城) 全労済埼玉支部(埼玉) 公立八鹿病院(兵庫) アポロメディカルHD(宮城)オンワード樫山(東京) 船橋中央病院(千葉) 神奈川リハビリテーション病院(神奈川) ほか

 その他個人コーチング、メンタルコーチとしてプロスポーツ選手、経営者などと多数契約

「組織の動かし方」ブログ

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon
© Copyright 2013 2018  Hitoshi Kambara Awake Office   kam@awakeoffice.con