​士業 コンサルタント 講師など「先生業」の皆さんへ

元ディズニーキャストの講師が「今日から使えるわかりやすさ」で伝える

離職防止の営業研修

「魔法の営業コミュニケーション養成研修」

 離職の背景には、教えてもらえない、認められない、わかってもらえない、なじめない、強すぎる自己重要感、見捨てられ感、疎外感、孤独感、無力感など人間関係が複雑に絡み合っています。表面的には上手くいっているようでも必ずコミュニケーションエラーが見られます。

 この研修はセールス方法や営業テクニックといった顧客とのコミュニケーションのみならず、社内での報告義務や人間関係構築スキルを身につけてもらう研修です。

​若手販売員の離職にお悩みの経営者店長さんへ

 【離職防止】元ディズニーキャストが語る「魔法の営業コミュニケーション力養成研修」とは、多くの会社が、ちょっと扱いがむずかしいと言われている若手営業職に、顧客とのコミュニケーションのみならず、社内への報告義務スキルを身につけてもらうことで、離職防止につなげる研修です。

 

 講師は、北は紋別から南は那覇まで日本中の企業や商工会議所に呼ばれている、当社代表で元ディズニーキャストの経営コンサルタントの菅原 齋(カンバラ サイ)です。
 ディズニーで200人の正社員が2万人を管理する組織運営ノウハウと、売り込まないセールスを体系化しました。

こんなお悩みはございませんか

「お客様の来店に気づかない」
「見込客が少ない」
「新人が育たない」
「セールストークができていない」
「営業職をどうやって指導したらよいかわからない」
この研修は平成生まれが動くことで顧客も動く、営業販売研修です。

 再現性を高めるため「魔法の営業客コミュニケーション術」では2つの大きな考えの柱で構築されています。
 1.人の心理を活用した営業マニュアル。
 2.企業ビジョンと個人のライフビジョンを癒合させ、働く理由を明確化する。

 当社が理想とする世界は、若い社員さんたちが力を合わせて、お店を成長に向けてうんうん押していく会社作りです。
 

 2日間で、再現性ある接客事例と手段を「今日から使えるわかりやすさ」で

【営業で主導権がとれる】

【見込客が増える】

【販売報告が的確で、来店客の状況が手に取れるように見える】

【全社統一の販売トークがあり、会社としてブラッシュアップできる】

に指導をします。

【好営塾】内 容

第1日目 君らが主役だ!平成生まれの営業研修

第1部 社会人スタートアップ編(2時間)

【Prologue】今はどんな時代

1 ディズニーキャストの好感度が高い理由

  参加者全員と好感名刺交換をやってみよう。

2 ディズニーキャストから学ぶ社会人として必要な心得

3 「現在・過去・未来」コミュニケーション術

  隣の人と報連相の練習をしてみよう。

4 会社の組織について知ろう

  目標と目的の違い、戦略と戦術に違いを隣の人に説明してみよう

5 マルチプロセッサ社員を目指そう

  あなたの前行程、後行程は何か、顧客満足、会計責任に何ができるかを隣の人と話し 合ってみよう

【Epilog】 主体性のある社員になるためには

 

第2部 営業戦略とセールストーク(基礎編)(3時間)

1 知名度ゼロのクマが5年後、年間65億円売れる理由。

  みなさんの会社の顧客プロフィールを分析してみよう。

  ターゲットの選び方

  見込客の信頼性を高めるためにあなたは、あなたの会社は何をしますか。

2 集客方程式・売上方程式

  集客方程式、売上方程式の各項目をどう高めるか、アイデアを出し合ってみよう。

3 人の脳の基本構造から生まれたセールストーク

 

第2日目 チームで稼ぐ魔法の営業リーダーシップ 第1部 リーダーシップ編(2時間) 1 ディズニーの朝礼で起きていること

2 ディズニーでは、キャストを誉めないんです

  ラポールヒアリング

3 エビフライカレーがなくなった話をします

  みなさんが会社で、絶対にやってはならないことは何?そのために守るべきは何?そ

  皆さんの会社でまもるべき事の優先順位を考えてみよう?」

4 マルチプロセッサ社員を目指そう

【Epilog】 主体性のある社員育成で先輩が守るべきこと

 

第2部 営業戦略とセールストーク(実践編)(3時間)

1 営業前にすべてが決まる(事前準備)

2 営業で主導権をにぎる方法(オープニング)

  脳の法則① 返報性と脅しの法則

  会話の技術① 同意の技術

  脳の法則② 社会的証明の法則

  相手が自分に興味を持つジェットコースター自己紹介

3 プレゼンを出来レースにする方法(ヒアリング)

  会話の技術② 発問の技術

  脳の法則③ 一貫性の法則

4 お客に逢えてNOを言わせるわけ(プレゼン)

  会話の技術③ 見出しの技術

  脳の法則④ 最初と最後の法則

  会話の技術④ 例話の技術

  脳の法則⑤ 視覚中心の法則

  脳の法則⑥ 対比の法則

  会話の技術⑤ 譲歩の技術

  プレゼンシナリオを書いてみよう

5 プロポーズ大作戦(クロージング)

  会話の技術⑥ 沈黙の技術

6 クロージングトークの作り方と練習方法

【講師プロフィール】

 私は現在、一部上場系FCの契約アドバイザーとして年間50件全国で営業研修を行っています。

 23年間、そのほとんどが営業の第一線で活躍。

 最初の会社では利益率No.1。

 2番目の会社では休眠顧客から6億円の売上受注という実績のサラリーマン生活から一念発起、営業コンサルタントになるべく2009年2月退職。

 独立の準備期間に、私が恩師と仰ぐ超一流コンサルタントのアドバイスで、長年の夢だったディズニーランドのキャストを1年間体験しました。

 ディズニーの「生産性ノウハウ」に感動して働いていた中、20代の女性上司に「カンバラさん、次はゲスト(来園者)目線で考えてみてください」とにっこり言われ目が覚めました。

 「接客とは自分が言いたいことを伝えるのではなく、相手の聞きたいことを言うことだ。ディズニーが25年間(当時)以上ナンバーワン、オンリーワンであり続けている理由がここにある」と得心。

 ディズニーで体験した手法を基に「接客コミュニケーション術」を開発しました。

 私のミッションは日本の中小企業に接客スタンダードと、強いコミュニケーション力を提供することです。

© Copyright 2013 2018  Hitoshi Kambara Awake Office   kam@awakeoffice.con