エナジーコントロール®︎とは

エナジーコントロール®︎はスピリチュアルを量子物理学で理論解明し、ゼロからでも修得できるようにした技術のことです。

だからスピリチュアル科学®︎とよんでいま。


技術なので多少の上手い下手こそあれ、再現率は100%で毎回結果が出ます。

結果の出る量子心理セラピー®︎と言われるゆえんです。


エナジーコントロールの本質は電磁波を使って素粒子情報であるその人の潜在意識を書き換えたり、パラレルワールドを乗せ換えたりで、人の望みをかなえます。

「過去は変えられる」

2020年にこんなタイトルの本が話題になりましたね。

私は読んでいないので、この本については何も言えないのですが、このタイトルの通り、過去は変えられます。


多くの人が時間を横軸のグラフや歴史年表のように思っていますが、記憶という情報が1枚1枚重なっているものなのです。

それはちょうど書類が机の上に積み重なって、古いものが下、新しいのもが上にです。


人はそれをまるでパラパラマンガのようにめくり、過去を振り返ります。

その厚さが過去の長さです。

パラパラマンガは変化があるときに1枚が足されます。


出来事の多い人生を送っている人は枚数が多いでので、1ヶ月前のことが、はるか昔のように感じます。

毎日変化のない人生はコマ数が少ないので、1年があっという間に思えます。


こんな経験はありませんか?

同窓会に参加して、昔の友人と想いで話に花を咲かせます。そんな中で「あれ、そうだったっけなあ。ちょっと違うなあ。順序が記憶と違う」っていうこと。


過去は記憶です。同じ場所で同じ経験をしても、違う場合があります。


歴史上の過去についてはなおさらです。

例えば坂本龍馬。

実在した倒幕および明治維新に関与した偉人です。

でも詳細を多く私たちは情報でしか知りません。

小説、映画、ドラマ、マンガ。そしてこれらは全て書作者のバイアスがかかったもので、もし本人がそれを目にしたら「そうなんだよ」と同意していたかもしれませんし「違うんだよなぁ」と眉をひそめたかもしれません。

私たちはそれを知る由がありません。


坂本龍馬と同じ日に隣の村で生まれた人がきっといます。

でも私たちはその人のことを全く知りません。

情報が全くないからです。

厳しい言い方をすれば、その人は存在しなかったのと同じです。

記録・記憶という情報がなければ過去から消えてしまうのです。


少し話が横道にそれますが、

このような理由で、私たちは重要な出来事の記憶情報を、後世の人が忘れないように伝達していかなければならないのです。

東日本大震災をはじめとする災害の記憶、戦争、人権を無視した出来事、そこでの人の苦しみ、善意の感激などをです。


過去は記憶情報です。だから過去は変えられるのです。

霊感商法は「あなたの前世が、カルマが、ご先祖が、呪いが、守護霊が、これまでの行いが」などと言うそうです。

そんなのは関係ありません。

そう言われた時点で記憶情報となって、あなたは支配されてしまします。

この人たちはそう言うことで、あなたからお金を巻き上げたいだけです。


安心してください。

記憶情報は書き換えられます。

もともと人によって過去の記憶情報は異なっているのですから。


では未来はどうでしょうか?

私たちが思い描く未来は、過去から現在までの記憶情報の延長線上にある「まぼろし~」でしかありません。


バブル期の株価の変化を思い出してみてください。

ずっと株価は上昇していました。

誰しもがこのまま上がり続けると信じていました。

でも下がりました。

予測できた人はほんの少数で、多くの人が財産を失いました。


思い描く未来も同じです。


例えばこんな人

「私は両親も、その両親も貧乏でした。私も子供の頃から貧乏で、働き初めてもお金に不自由する日々でした。何十年頑張って働いても貧乏です。きっと貧乏のまま一生を送り、私の子供たちも絶対貧乏から抜け出すことはできないでしょう。」

ってそんなのは絶対嫌ですよね。

でも多くの人がこれに近い呪縛にかかっています。


じゃどうするのか

簡単です。


過去の記憶情報を変えれば、望む未来を手に入れることができるようになります。

意識、顕在意識と潜在意識に着目するのです。


人は意識しているものしか見えないし、聞こえません。

成功者は成功するためのものしか、失敗者は失敗してしまうものしかです。

これが世に言う「引き寄せ」です。


成功者というのは定義が難しいですが、俗に五欲に満たされている状態としましょうか。

満たされているということは”感情”の問題です。

資産1兆円でも満たされない人もいますし、100万円でも満たされている人もいます。


全て意識のなせる技です。


意識、顕在意識と潜在意識について、これは私独自の例えなのですが、私たちは流れる川の中にとどまって暮らしているとイメージしてみてください。


川の水が流れてきます。

川の水は純水ではないので、いろいろなものが含まれています。これが出来事です。