音楽演奏家のマインドコーチング

最終更新: 2月17日

ポジティブシンキングがうまくいかない理由

ポジティブシンキング。やったことがありますか?

望みがかないましたか?


ポジティブシンキングは言語を使って脳で考えるもので、これは顕在意識の領域です。

顕在意識は意識全体の3%に過ぎません。


残りの97%が潜在意識です。


あなたの思考行動を支配する潜在意識が変わらない限りあなたは変われないのです。


潜在意識のついて話す前に、中高時代に戻って、生物と物理の復習をちょっとだけしましょう

人の体は、脳、心臓、肺、腸、筋肉、脂肪、骨などさまざまな器官でできていて、それらはみな細胞でできています。


そして、細胞のみならずわれわれが接している物質は、すべて分子か原子から構成されています。

金属の場合は分子を構成しませんが、その他のほとんど全ての物質は複数の原子が分子を構成します。

原子は原子核と電子から構成され、原子核は陽子と中性子から構成されていることがわかっています。



つまり多種多様な物質はたった3種類の粒子から作られているのです。


さらに最新の研究では、この陽子や中性子も、もっと小さなクォークという素粒子からできていることまで解明されています。



素粒子は自然界の基本粒子で,普通は空間を動いている点粒子に見えます。


それを「ひも」で置き換えようと言う考え方が超ヒモ理論です。


ヒモが振動すると,弦楽器で1本の弦からさまざまな音が出るように,その振動に応じてさまざまな状態が現れます。人に限らず全てが素粒子の振動でできている

つまり、素粒子の振動が変われば全てが変わります。


さらに言えば、素粒子の振動を扱えれば全てを扱えます。


素粒子は人や物体にだけあるものではありません


宇宙の始まりがビッグバンであるという説はご存知でしょう。


爆発する前、そこには何があったと思いますか?


そこは真空の世界です。

真空というと一般的には全く何もない状態を言いますが、何もないところから宇宙は生まれませんよね。


そこは素粒子が飛び交う世界があります。

これは量子真空と呼ばれています。


ビッグバンで宇宙が拡張して冷え始めることで素粒子は初めて質量を持ち始めます


この宇宙の力の源となっている量子真空をゼロポイントフィールドと言います

あらゆる存在は時空を超えて、このゼロポイントフィールドでつながっています


ゼロポイントフィールドの意識は、波の状態の光で細胞内の微小管を介して共鳴します

この原理を活用して望む結果をもたらす潜在意識を上書きする。これがエナジーコントロール®︎です


音楽演奏家のマインドコーチングはエナジーコントロール®︎で行われます。

一般的なコーチングは言葉を使ったり、論理的思考を用いたりするたった3%の顕在意識へのアプローチです。


「音楽演奏家のマインドコーチング」は直接あなたの潜在意識(97%)の細胞内の微小管を介してアプローチします。


あなたは心静かに居ていただくだけです。


これで望む結果への自動操縦プログラムが発動します。



具体的なお話をしますね

1.あがりやすい。ナーバスになってやることが裏目に出る

これには「イップス」という技を使います。


イップスはゴルフや野球などスポーツ選手がかかることがある症状です。

ここぞという時、体を意識しているときに脳が過敏に反応してしまう誤作動が原因と言われています。


これまで意識することなくできていたことができなくなってしまう状態で、本人には緊張している自覚がないことがやっかいです。

明確な治療法はなく、克服できるかできないかはその人次第と言われています。


よく行われる方法は、失敗した場面を直視することから始め、小さな成功体験を積み重ねるといった精神的覚悟と負荷とがかかるものです。


発症から克服までに数年、長いと数十年かかるケースもあると言います。


エナジーコントロール®︎では、その場でまるでなかったかのように、失敗した場面が遠くに行ってしまったり、モザイクがかかったかのようになったりします。


2.忘れたい過去がある、トラウマを消したい

特定のトラウマ・マイナス記憶をピンポイントで消せる技が「記憶消し」です。

人の記憶はちょうど川の堆積物のように古いものの上に新しい記憶が積み重なっていきます。


しかし、人は楽しいこと嬉しいことよりも、嫌なこと、苦しかったことの方が早く浮かぶようにできます。

自己防衛本能のなせる技です。


ネガティブな記憶はなんかのきっかけで浮かび上がってきます。このきっかけをトリガーと言います。

エナジーコントロール®︎では、このトリガーとネガティブ記憶とのつながりを切ることで思い出しにくくなり、ネガティブ記憶を奥に押し込みます。


3.理想とするプレーヤーになりたい。

誰にでも憧れの人物、音楽家ならプレーヤーやシンガーがいるのではないでしょうか。


その人の演奏を聴くと、その理想と自分の現実とのギャップに悩んだりします。


エナジーコントロール®︎には「憑依」という技があります。

憑依というと日本古来の言葉のようですが、この言葉は第二次大戦後、学術用語のpossessionの訳語としてできた言葉です。


この技で、他人(ここではあなたの目指す憧れのアーチスト)の人格エネルギーをコピーして潜在意識に書き込みます。


4.自分の楽器を思い通りに扱いたい

「うまくいかない…楽器が…リードが…」口にはしなくても、そう思うことはよくあります。


エナジーコントロール®︎には先程の憑依の物バージョンで「封入」という技があります。

対象物に素粒子情報を入れて変革させる技です。

楽器を浄化してから、あなたの望むアーチストや気持ちをインストールすることができます。


5.本番に向けて演奏を仕上げて完成させたい

本番が近づくのになかなか練習がはかどらない。

イライラしている自分の気持ちに相反して仕上がりが遅い。


安心してください。


エナジーコントロール®︎には「賢者の石」という技があります。


賢者の石の概念は、普通の金属を貴金属に変えたり、不完全な人間を完全に変えたりする不思議なパワーを持つものとして中世ヨーロッパに生まれた物です。


6.コンサートの当日で成功したい

日付に関する開運や幸運は、占いやおみくじなど色々あります。

ただ、これらの残念なことは、自分の思う日が自分の思い通りにならないことです。


エナジーコントロール®︎の「開運日」という技は、あなたの求める結果につながる素粒子情報を活性化させることで、1ヶ月以内の任意の日を開運日にします。


手順は3ステップです

①まず、開運したい日を設定した上で、トリガー(きっかけ)を決めます

トリガーは、ミネラルウォーターをコップ1杯飲んだり、三三七拍子の手を打ったりなど自由に設定してください


②次に、開運のために充電する日、浄化日を設定します。

その日はアクティブに動くことを避けます。外出なども控えた方が良いです


③そして、開運日を迎えます

新しいことを決めたり、行動を起こすことで幸運を引き寄せ覚醒したりする日です。

その日の朝トリガーを行い発火させます。


7.リーダーシップ力を高めたい

音楽演奏の醍醐味はなんといっても複数人でのアンサンブルや合奏にあるのではないでしょうか。

ユニゾンがぴったり合ったり、ハーモニーが決まったり、グルーブ感を味わえたりと、演奏をして本当によかったと実感します。


音楽演奏家のマインドコーチングでは、社員研修講師でありセラピストの最神ミッキーが独自のリーダーシップフォルダーで、アンサンブル現場でのあなたのリーダーシップ力を高め、目指す方向にメンバーの力を集結させます。



https://www.awakeoffice.com/musician