top of page

私が週1でディズニーに行く理由

更新日:2020年1月7日

結論から申し上げます。私が週1でディズニーに行く理由は

  1)クジラの背中に乗るため

  2)望むボールを投げるため

の2つです


わかりにくいですよね。わかりやすく表現すると

  1)経営コンサルタントとしてディズニーの成功事例を知るため

  2)リレーションパートナーとして,自分の理論を実践するため

です


ところで

社員研修講師の私が「週1でディズニーに行っています」と申し上げて,あなたは私にどんなイメージを抱きますか?

  「何が楽しいいのだろう」

  「きっと,暇なんだろう」

  「そんなに行って,飽きないのか」


なるほど,ディズニーというと

  「待ち時間が長い,混んでいる」

  「高い! 入園料も,お土産も,食べ物も」

  「あのテンションは恥ずかしい」

と,思っている方もいらっしゃると思います


でもこの2つ

  1)クジラの背中に乗るため(成功事例を知る)

  2)望むボールを投げるため(リレーションのトレーニング)

が私のコンサルタントで社員研修講師としての大きなパワーの源となっているので

詳しく話させてください。


 

1)クジラの背中に乗るため

  (経営コンサルタントとしてディズニーの成功事例を知るため)


全ての失敗要因は「成功事例のリサーチ不足」にある

私は日頃からクライアントさんのみならず,多くの経営者さんや起業家さんに言っています

  ①ただそこを眺めるだけか

  ②上から目線で批判するだけか

  ③それとも自己成長のヒントにするか


ディズニーのみならず,私たちが日常生活で,買い物をしたり,レストランで食べたり,街中を歩いたりする中で,人にはこの3種類の対応があります。


①ただそこを眺めるだけか

何も考えず生活しているとこうなります。これはこれで幸せです。ほかに興味のあることに集中すれば良いです


②上から目線で批判するだけか

決して悪いことではありません。あなたにはきっと自信があるのでしょう。良いことです。テレビに出ているコメンテーターさんなど,切り口を精査すれば人気者になれます。


③それとも自己成長のヒントにするか

私はこれを選びました。これを「クジラの背中に乗る」と呼んでいます。

東京ディズニーシーのアラビアンコーストにある「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」というアトラクションからヒントをもらいました。

船乗りシンドバッドと子トラのチャンドゥが“心のコンパス”を信じて、航海で最高の宝物を見つける冒険物語で,嵐にあったシンドバッドたちをクジラが背中に乗せて助けるシーンです。

成功例のことをクジラと言っています。



「クジラの背中に乗る」には成功例を見て体験し「観察ー分析ー判断」することです。

「観察ー分析ー判断」については下記をお読みください。

https://www.awakeoffice.com/post/6-guan-cha-fen-xi-pan-duan


ディズニーの成功事例を私は下記の3つと考えています

a) 一貫性

b) ストーリー

c) 細部効果