日本コンサルタント協会の講座の特長は、「個人のヒューマンスキルを高めること」に主眼をおいている点です。

スキルや知識のみ習得しても、実際のビジネスの現場では簡単に生かすことはできません。

ビジネスにおいては、人間関係の構築が最も重要なファクターです。

 

ベーシックコース

~一般社団法人

 日本コンサルタント協会認定セミナー~

 

マネージャーコース

~一般社団法人

 日本コンサルタント協会認定セミナー~

「同じ日本人同士なのか、と思うぐらい言葉が通じていないと思うことが毎日のようにあります。」

(53歳、ITシステム会社・社長)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今、ビジネスの最前線で起きていること

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

経営者と現場のスタッフの言葉が通じなくなっているのです。

「今どきの若者は~」などという生易しい話ではないのです。生きてきた時代があまりにも違いすぎるのです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

必要なものでさえ“買わない”超デフレ時代 → 本格的な成熟社会

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

時代が違う、を一言で言ってみます。「成長社会から成熟社会に転換してしまった」のです。

今の若い世代は、経済が前年対比で成長しない時代に育ってきたのです。

私たち大人世代はビジネスで行き詰ったら、

・営業を強化する

・マーケティングを工夫する

・むやみに「ガンバル!!」

それで業績はそれなりに上がってきたのが“成長社会”でした。

今はいかがですか?みなさんが暮らしている商店街を見てください。レコード・CDショップは? 化粧品店は? 書店は? ガソリン・スタンドは?

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

マネージャーは、今が勝負どころです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

経営者は、みな、それぞれに自分の成功体験を持っているはずです。いま、まさに、それこそが通じなくなっています。

世代をつないで、新しいビジネス・チャンスを創出できるのは、経営者とスタッフの間でビジネスの「トランス・ミッション」となれるマネージャーしかいません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

マネージャーコース カリキュラム

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Unit 1 成長社会と成熟社会①<成熟社会への対応>

           ■成長社会と成熟社会の違いを学び、成熟社会に対応するための素地を身につけます。

Unit 2 成長社会と成熟社会②<成熟社会における企業像>

           ■成熟社会のマーケティング3.0、社員のあるべき姿マルチプロセッサ社員を理解します。

Unit 3 社員ファースト、顧客セカンド<成熟社会における人材育成>

           ■成熟社会で変化する、企業、顧客、社員の三者の関係を理解します。マネージャーとして正しく部下を導くためのユニットです。

Unit 4成熟社会におけるマネージャーとは<マネージャーと社員のかかわり>

           ■これまでの内容を振り返り、成熟社会におけるマネージャーとは何かを定義することが目的です。

Unit 5 世界一働きたい会社の作り方<ビジョンから毎日の行動規範まで>

           ■急激に変化する時代で要となる、社員と企業が目的・目標を同期化してお互いがコミットして進化する会社経営を学習します。

Unit 6 総復習<認定筆記試験>

           ■知識よりも実行能力を重視した内容です。講座への参加寄与度(30点)を合わせて合否を決定します。

 

この講座は、2013年まで2日間、受講料10,5000円(税込)で行われていました。講座としての普及期を迎え、内容を1日に集約して、受講料は一気に29,800円(税込)といたしました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「ラーメン店に戦略は必要か?」

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

問の立て方からすれば、普通は「必要」と答えますよね。

ホントにそうでしょうか?

あなたが飲食店の経営者だったら、または、コンサルタントで、現実のラーメン店主から、そのような質問、つまり、

「ラーメン店に戦略が必要ですかね?」

と聞かれたら、どう答えますか?

 

経済が成長している時代なら戦略がなくても、どうにかなったでしょう。

うまいラーメンをしっかりと作ってさえいればお客さんは来たでしょうから。

経済成長が止まった時代、言い換えれば「成熟社会」になると「戦略」がないと、じり貧は避けられないのですよ。

理屈は簡単で、客の絶対量、分母と言ってもいいかもしれませんが、とにかく、客が減るからです。

ラーメン店の前を通り過ぎる人が、

1日100人いた時代から、すでに、99人ぐらいになっているのです。

それぐらいのマイナスなら、努力と工夫でどうとでもなる?

 

みなさんが従事されているビジネスでは、お客様は増えてますか?

今が伸び沙盛りで、どんどん伸びてます、という方もいらっしゃるでしょう。

で、どんどん伸びて、次、どうなさいますか?

私の自宅のそばには、交差点の四つ角すべてに、4つのコンビニがありますが、そうなりたいですか?

こうした事例に、回答を与えます。

それが、今回ご紹介する日本コンサルタント協会が開発した、成熟時代の「ビジネス・パーソン」が基本中の基本としてわきまえておかなければならない絶対スキル、

それが『コンサルテンィング能力検定・ベーシック・コース』です。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

給料をもらう時代から、ビジョンを実現するビジネスへ

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

経済成長期は、いやな仕事も我慢していれば1年たつと給料は上がっていました。

今はどうでしょうか。

上がるどころではありません、リストラされなければ御の字です。

人は、いまや給料だけでは働くモチベーションはキープできなくなりました。

ビジョンが必要不可欠なのです。

個人では、自分の人生のビジョン、企業には企業のビジョン、存在理由とさえ言っても過言ではないかもしれません。

なければ、それが、あなたのビジネスが行き詰る遠因となっている可能性があります。

そもそもなぜビジョンが必要なのか?

なぜ戦略が必要なのか?

わずか1日で、これらの問題、すべてに結論を導き出す講座です。

 

【コンサルテンィング能力検定・ベーシック・コース】

 

この講座は、日本コンサルタント協会認定資格の

『ベーシック・コース』としてプログラム化されました。

企業組織の最前線のスタッフ・社員の立場の方々を対象として、いかに個人の能力・個性をビジネスに展開するか、を目的として開発されました。

つまり、コンサルタントが経営者に

人材活用のアドバイスができるようになるためのものでしたが、スタッフ・社員自らが受講するようになり、また経営者ご自身が受講されるケースも増えてきました。

 【受講対象】

 ・現場のスタッフ・社員

 ・コンサルタント

 ・経営者

 ・企業のマネージャー・クラス(部下の育成のために)