5.義務<責任=権限

最終更新: 2018年8月3日

A. 義務

あらかじめ決められた方法、キマリ通りに完全実行することで、予定された結果を生み出さなければならない

やって評価は±0  やらないと本人の評価が−

         やらないと上司の評価が−


B. 責任

キマリのない部分で、自分で新しい決定を下すことで目標を達成するもの

それを果たすことが期待できる人にだけある

自分で決定を下す権限がある

上手くいくと本人の評価+

上手くかけないと評価±0


C. 1人が一つだけ

多くの社長は、1人の幹部に対して、売上を増やせ、在庫を減らせ、人件費を下げろ、粗利を上げろなど多くの要望を出している

しかし、要望を出した方も出された方もすべて実現できるなんて夢にも思っていない

だからやることがぶれて、成果が得られない


D. 会議でも

みんなで決めると責任の所在が不明確になる

会議は活発な意見交換の場所として、決定は権限をもつ1人が行い、責任を持つ

トップが正しい判断ができるかどうかは、側近がどのような経営情報を提供しているかによる。側近はトップにいい加減な判断をさせないために存在する


#元ディズニーキャストの経営コンサルタント

#アウェイク事務所

#義務

#責任

#権限